全国リフォーム会社一覧 リフォーミング・ドット・ジェーピー

設計監理(工事監理)と施工管理(工事管理)の違い

設計監理(工事監理)と施工管理(工事管理)の違い

建築業の事業者には「設計監理」、「施工管理」、「管理」の3つの「カンリ」があります。
この3語は、職務や立場は全く異なります。
※設計、施工、監理の三権分立が前提で記載していますのでご注意下さい。
また、事業者により異なります。(設計施工一貫の場合は部署として存在します。)

【設計監理】工事監理または施工監理 Design supervision

設計図通りの施工が進行しているか工程管理を行います。
図面以外のコミュニケーションを図ります。
建築主の代理人となって、工事現場との打合せや指示を行います。

【施工管理】工事管理 Construction control

施工会社の現場代理人(現場監督)のことを指します。

工程管理(工程計画や施工順序の検討、職人の手配)を行います。
材料管理(資材の発注や管理)を行います。
安全管理(作業員と周辺住民等への安全確保)を行います。
原価管理(請負金額内での材料費、人件費等の金銭管理)を行います。

【事業所における管理部】

新規工事業で見受けられるケースは管理、監理、管理部の職務における誤解です。
バックオフィス機能である管理部と工事管理を混在させ発注システムなどを建設業未経験者が構築してしまうことがあります。本来は企業などの組織において、事務・管理業務などを担当し、営業会社の場合、顧客に直接対応するフロントオフィスを支援する部門。技術系、営業系を問わず間接部門と呼ばれ一般的には人事・経理・総務・情報システム管理部門などを指します。

PAGETOP

全リフォーム会社数: 1,340社

ja
zh_CN
en_US