全国リフォーム会社一覧 リフォーミング・ドット・ジェーピー

建設業許可

  • HOME »
  • 建設業許可

設業許可(建設業法第3条)

1) 建設業の許可

ア 建設業を営もうとする者は、軽微な建設工事のみを請け負う場合を除き、建設業法第3条の規定に基づき、建設業の許可を受けなければなりません。

イ 「軽微な建設工事」とは、工事1件の請負代金の額が建築一式工事以外の建設工事の場合に
あっては、500万円未満、建築一式工事にあっては1,500万円未満又は延べ面積が150平方メートル未満の木造住宅の工事をいいます。

2) 許可行政庁(大臣許可と知事許可)

ア 建設業を営もうとする者が、2つ以上の都道府県の区域に営業所を設ける場合は国土交通大臣の許可が、1つの都道府県の区域内にのみ営業所を設ける場合は都道府県知事の許可が必要となります。

イ 営業所とは、本店又は支店若しくは常時建設工事の請負契約の見積、入札、契約の締結を行う事務所等、建設業に係る営業に実質的に関与するものをいいます。

ウ 大臣許可、知事許可を問わず、営業の区域又は建設工事を施工する区域についての制限等はありません。

3) 建設業の許可業種

建設業の許可は、28の業種ごとに行われ、営業する業種ごとに取得する必要があります。
また、同時に2つ以上の業種の許可を受けることができ、現有の許可業種に業種を追加することもできます。ある業種の許可を受けた場合でも、他の業種の工事を請け負うことは、その業種の許可も受けていない限り禁じられます。

建設業の28業種
土木工事業、建築工事業、大工工事業、左官工事業、とび・土工工事業、石工事業、屋根工事業、電気工事業、管工事業、タイル・れんが・ブロツク工事業、鋼構造物工事業、鉄筋工事業、舗装工事業、しゅんせつ工事業、板金工事業、ガラス工事業、塗装工事業、防水工事業、内装仕上工事業、機械器具設置工事業、熱絶縁工事業、電気通信工事業、造園工事業、さく井工事業、建具工事業、水道施設工事業、消防施設工事業、清掃施設工事業

4) 有効期間

建設業の許可は5年間有効です。5年毎に更新が必要です。

5) 許可の区分(一般建設業と特定建設業の許可)

ア 許可を受けようとする業種ごとに一般建設業又は特定建設業の許可を受けなければなりません。

イ 特定建設業の許可を受けた場合は、発注者から直接請け負う一件の建設工事につき、下請代金の額が3,000万円以上(建築工事業については4,500万円以上)となる下請契約を締結することができます。この場合の3,000万円以上(建築工事業においては4,500万円以上)とは、その工事全体で、全ての下請業者に出す工事金額を合計したものです。したがって、建設工事の発注者から直接請け負う請負金額については、一般建設業者であっても特定建設業者であっても等しく制限はなく、一般建設業者であっても工事を全て直営施工するか、あるいは1件の建設工事について3,000万円未満(建築工事業については4,500万円未満)の工事を下請施工させる限り、受注金額に制限はありません。

以下、省略

PAGETOP

全リフォーム会社数: 1,340社

ja
zh_CN
en_US